虫歯治療・根管治療

歯が痛い・しみる
という症状がある方に
~虫歯治療・根管治療~

「歯が痛い!」「しみる!」といった症状に悩まされから、慌てて治療のために歯科医院に来院される方は少なくありません。しかし、虫歯は初期段階では痛みを感じることはほとんどなく、痛みが気になりはじめるころにはすでに歯の神経にまで虫歯菌が進行していることもあります。赤羽歯科「川口診療所」では、歯の神経まで細菌感染してしまった重度の虫歯に対しては「根管治療」を提供しています。初期の虫歯から重度の虫歯まで患者さんの症例に合わせ、幅広く対応しますのでご安心ください。

虫歯治療
~歯が痛い・しみる~

虫歯が発生する原因

虫歯は、お口の中に棲みついている虫歯の原因菌(ミュータンス菌など)によって引き起こされる感染症です。虫歯はごく初期段階であれば自然治癒することもあります。しかし、「痛い」「しみる」などの症状を自覚したときには、虫歯がかなり進行している恐れがあり、その場合は適切な治療が必要です。そのため、お口の状態を健康に保つためには、虫歯の原因を正しく知って予防を行い、もし進行してしまった場合にはなるべく早期に治療することが重要と言えます。虫歯の主な原因は以下の4つです。

虫歯菌 歯垢に大量に棲みついている虫歯菌が直接の原因で発生します。予防のためには、菌を排除することが重要です。
お口の中の糖分 食後のお口に残った糖分を栄養源として虫歯菌が歯を溶かす酸をつくります。
ブラッシング 虫歯菌は、ブラッシングが不十分な場合に増殖する傾向があります。毎日のケアを怠らないようにしましょう。
抵抗力 体の抵抗力が低いと、虫歯になりやすくなります。日ごろから健康管理に気をつけ、虫歯にかかりにくい体づくりを意識しましょう。

虫歯の進行段階+治療法

C0 初期の虫歯
症状 歯の表面にあるエナメル質の成分が虫歯菌による酸で溶けて白く濁っている状態です。歯に穴は空いておらず、痛みはありません。
治療法 歯のクリーニングや適切なブラッシングを行い、フッ素塗布で歯の再石灰化を促すことで自然治癒が期待できます。
C1 エナメル質の虫歯
症状 虫歯菌によって歯の表面がさらに溶け、茶色く見えはじめた状態です。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。
治療法 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で歯の機能を回復させます。
C2 象牙質の虫歯
症状 虫歯による穴が歯の内部にある象牙質まで進行した状態です。冷たい物や甘い物がしみるようになります。
治療法 虫歯に冒された部分を削り、詰め物や被せ物を装着することで治療します。
C3 神経まで達した虫歯
症状 虫歯菌が、象牙質の内側にある歯の神経にまで進行した状態です。常にズキズキと激しく痛むようになります。
治療法 虫歯に冒された神経や血管を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して、薬剤をすき間なく詰める「根管治療」を行います。
C4 歯根まで達した虫歯
症状 虫歯菌によって歯の大部分が溶け、歯根まで冒された状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、放置しておくと歯根の先に膿が溜まり激しく痛むようになります。
治療法 ほとんどの場合で抜歯が必要になります。抜歯後、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの補綴治療で失った歯の機能を回復させます。

赤羽歯科「川口診療所」の
虫歯治療

当院では、できる限り神経や歯質を残す治療を心がけています。それは、「自分の歯で噛んだり、食事をしたりする喜びを味わってもらいたい」という想いがあるからです。また、当院では「できるだけ痛みの少ない治療」を提案するため、表面麻酔を塗って麻酔の針が刺さる際の痛みを軽減することに努めています。さらに、超極細の針を使用することで、麻酔注射そのものの痛みを少なくしています。歯科治療について「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの方も、安心して治療に専念してください。

しかし、どれほど高精度の治療を行っても、歯を健康に保つ秘訣としては、「虫歯にならないこと」に勝るものはありません。そのため、当院では治療と同等かそれ以上に予防にも力を入れています。日ごろからの患者さんのお口の健康維持をサポートさせていただきます。


赤羽歯科の予防歯科

根管治療
~重度の虫歯でも歯を残す~

根管治療とは?

虫歯が重度にまで進行すると、歯の神経まで細菌感染します。すると歯を抜くという選択肢が出てきますが、歯を残すために行える治療としては「根管治療(こんかんちりょう)」があります。歯の神経が入っている管(根管)から虫歯によって汚染された神経、血管、歯質を取り除き、内部を洗浄・消毒したあとに薬剤を詰めて密閉する治療です。

歯の状態にもよりますが、根管治療を行うことによって重度の虫歯でも抜歯することなく歯を残せる可能性が高まります。赤羽歯科「川口診療所」では、最新機器を活用した安心安全な根管治療を行っています。

感染源である虫歯を
徹底的に除去する治療

根管治療を行って歯の内部を綺麗にしても、虫歯に冒された神経が少しでも残ってしまうと症状が再発する恐れがあります。そのため、根管治療では可能な限り感染源となる神経を残さず取り除きます。再発のリスクを減らして安全性を高めるためにも、完治するまでは通院を中断せず治療を続けることが大切です。当院では、最初から虫歯を進行させないための予防処置にも力を入れています。

根管治療の流れ

STEP 01虫歯菌に感染した
神経を除去

歯に穴を空けて、そこから虫歯菌に汚染された神経・血管を除去します。

STEP 02根管の
洗浄・消毒

神経を除去した根管内部を丁寧に洗浄し、その後消毒します。汚染された組織がなくなるまで、何度も消毒します。

STEP 03薬剤を詰め、
被せ物をする

神経のあった箇所に隙間ができないよう、すみずみまで薬剤を詰めます。続いて、隙間があかないように密閉します。

STEP 04支台を構築

歯根に被せ物を同着するための支台を構築します。

STEP 05被せ物を装着

支台の上から被せ物を装着し、治療完了です。