歯周病・予防処置

口腔内の健康に
長期にわたり保つために
~歯周病・予防処置~

虫歯と同様に細菌感染によって起こるお口の病気の1つが「歯周病」です。ブラッシングの際に歯ぐきが腫れていたり、出血したりしている場合は、歯周病の恐れがあります。歯周病の怖い点は、発症していても虫歯のように痛みがほとんどないため、気づかないまま症状が悪化する点です。さらに、重度まで進行すると顎の骨が溶けて歯が抜けて落ちてしまうこともあります。赤羽歯科「川口診療所」では、歯周病治療を行うことで患者さんの大切な歯を守ります。また、当院では予防にも力を入れているため、ぜひ定期的なクリーニングを受けにご来院ください。

歯周病治療
~歯がぐらぐらする・血が出る~

歯周病とは?

歯周病は、歯と歯ぐきの間に歯垢が付着し、それが原因で歯肉が炎症を起こし、次第に歯を支える顎の骨が溶かされてしまう病気です。症状が進むと歯を支える歯周組織がもろくなることで、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあります。そのため、健康な歯を長期にわたり保つためには日ごろからの予防が不可欠です。ただし、歯周病は自覚症状がないことがほとんど。定期的に歯科医院を受診し、歯周病の予兆をチェックしたり、歯のクリーニングを受けたりしましょう。

次のような症状が出たら注意!(歯周病チェックシート)

  1. ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る
  2. 歯ぐきが腫れて赤くなっている
  3. 自分の口臭が気になる
  4. 起床したときに口の中がネバネバしている
  5. 歯と歯のすき間が広くなってきた/li>
  6. 歯がグラグラする
  7. 歯が長くなったように見える
  8. 歯ぐきにかゆみがある

上記に当てはまる症状が1つでも出ている場合、できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。すでに歯周病を発症している場合も、早期治療を行うことで負担の軽減が見込めます。

「日ごろのケア」が
歯周病予防の第一歩

歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)と呼ばれるほど、初期段階ではほとんど自覚症状がない点が特徴です。そのため、重度化するまでは自身で気づくのが難しい病気だと言われています。しかし、日ごろのケアを徹底することで予防に努めることはできます。

歯周病は、歯と歯ぐきの間にある「歯周ポケット」という溝に歯垢が付着することで発生するので、それをしっかり除去することが予防につながります。当院では歯科衛生士による歯のクリーニングや歯垢の除去、自覚症状がない初期の歯周病を見つけ出す丁寧な歯周病検査を行っているので、お気軽にご相談ください。 また、もっとも有効な歯周病予防としては、患者さん自身による毎日のケアだと言われています。当院では正しいケア方法の指導も行いますので、自分自身でお口の健康を守るためにも、ぜひ一度ご来院ください。

予防処置 ~健康なお口を守る方法~

歯周病予防で得られるメリット

赤羽歯科「川口診療所」では、歯周病の患者さんの「歯を残すこと」を優先し、他院で抜歯をすすめられた患者さんに対しても、歯を残す方法を模索します。しかし、病気になってからの治療ではなく、病気に罹る前の予防こそが重要です。当院では歯科医師や歯科衛生士らによるクリーニングや歯周病チェックなどのプロケアを通して、歯周病予防を徹底しています。

予防のための定期検診には、当然ながら費用が発生します。この費用に対し「もったいない」と思う方もいるでしょう。実際、歯科医院で定期検診を受ける人の医療費は、治療だけ受ける人に比べて年間2万円ほど高いというデータもあります。しかし、65歳を過ぎると定期検診を受けていない人の年間医療費は、そうでない人より15万円ほど高くなるとも言われているのです。お口のケアを日ごろから行っていれば、生涯の医療費を抑えられる可能性が高まります。

患者さんの状況に合わせた
予防プランを提供

赤羽歯科「川口診療所」では、「噛むことの重要性」を患者さん自身に実感していただきたいと考えています。そのため、歯医者には「歯が悪くなってから」通うのではなく、歯を失わないための予防のために定期的に通っていただければと考えています。治療で削った歯質や抜いた歯が元に戻ることはなく、どんなに優れた治療を行っても天然歯に勝るものはないからです。

歯医者に対して「怖い」というネガティブなイメージをお持ちの方もいるでしょう。当院では、患者さんのお口の状況に合わせたメンテナンスを行うのでご安心ください。また、毎回同じ歯科衛生士が患者さんに対応する「担当衛生士制」も採用しているので、ご希望の場合はお伝えいただければ幸いです。患者さんのお口の状態をよく知っている歯科衛生士が担当することで、歯周病の早期治療につなげることができます。

赤羽歯科「川口診療所」の
予防処置メニュー

ブラッシング指導 適切なブラッシングは、患者さん一人一人の歯並びや口腔内の状態によって異なります。ブラッシング指導では、患者さんのお口の状態をくわしく調べ、プロの視点から適切な方法を指導します。
フッ素塗布 歯質を強化する「フッ素」を歯の表面に塗ることで、虫歯菌が出す酸による歯質の脱灰を防ぎます。フッ素が持つ再石灰化を促す作用によって、ごく初期段階の虫歯を治癒させることもあります。
PMTC 歯科医師や歯科衛生士らが行う専門的な歯のクリーニングを「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning/専用機器による歯の清掃)」と言います。ブラッシングだけでは除去できない汚れを取り除いて綺麗にし、汚れが付きにくい歯質に仕上げます。
生活習慣の指導 虫歯や歯周病の原因には、毎日の生活サイクルや食生活の乱れも関係しています。当院では、患者さんから普段の生活スタイルについてお聞きし、生活習慣の改善指導も行っています。