入れ歯・いびき治療・マウスガード

幅広い診療メニュー~入れ歯・いびき治療・マウスガード~

お口周りに関連する診療に関しても赤羽歯科「川口診療所」に一度ご相談ください。当院では、地域のみなさんのさまざまなお口の悩みを解決するため、幅広い診療メニューを提供しています。失った歯の機能を回復しつつ、快適な使い心地を実現する入れ歯や、睡眠時の呼吸状態に密接に関係いびき治療、スポーツ競技中に歯や口腔内を守るマウスガードなどにも対応しています。お口に関するお悩みやトラブルはぜひ当院で解消しましょう。

入れ歯
~入れ歯が合わない・痛い~

幅広く対応できる入れ歯治療

入れ歯とは、失った歯を補う補綴(ほてつ)治療の1つです。すでに保険適用の入れ歯をお使いの方の中には、入れ歯のフィット感や痛みに悩みをお持ちの場合もあるかもしれません。

しかし、当院の場合は法人グループ内の歯科技工所にて入れ歯を製作しているため、歯科医師と歯科技工士が連携を取りやすく、非常に精度の高い義歯の仕上がりになると評判です。患者さんの口腔内を精査して精密な型採りをするほか、お口周りの筋肉の動きまで踏まえた入れ歯を製作。場合によっては入れ歯の製作した歯科技工士が治療に同席することもあります。なお、当院では患者様さんのご要望に合わせて保険適用の入れ歯から自費診療の高精度の入れ歯まで幅広い治療をご提案できます。ぜひ担当医とじっくり相談をしたうえで、ご依頼ください。

詳しくはこちら

いびき治療
~いびきを治したい~

睡眠時無呼吸症候群とは

眠っている時に多くの方に起こっている身近な症状である「いびき」。通常のいびきであれば特に問題はありませんが、呼吸が止まって命にも関わるいびきがあることをご存知でしょうか?

いびきは睡眠時の呼吸状態に密接に関係しており、健康を脅かす恐れもあるのです。寝ている間に呼吸が何度も停止してしまう症状を「睡眠時無呼吸症候群」と言います。判断基準としては、1時間のうちに10秒以上の呼吸停止が5回以上起こる場合は無呼吸症候群の恐れがあるのです。以下では無呼吸症候群の原因と対策を紹介します。


無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群は、空気の通り道である上気道が何らかの理由でふさがってしまうことで引き起こされます。その原因としては肥満や鼻炎、アルコール摂取といったさまざまな要因が挙げられます。眠っている間に呼吸が数十回、数百回と止まってしまう場合、体内が酸素不足に陥っている危険性もあります。ただのいびきだと思って放置すると命の危険もある症状であるため、早めの診断と治療が必要です。


無呼吸症候群の対策

耳鼻科や内科などで無呼吸症候群と診断された場合、当院ではマウスピースを使用した治療を保険適用で行っています。マウスピースを作製する歯科技工所は法人グループ院内にあるため、2週間程度で患者さんのもとにお届けすることができます。

マウスガード
~外傷からお口を守る~

ケガを防ぎパフォーマンスを向上させるマウスガード

スポーツマウスガードは、主に選手同士がぶつかり合う激しい競技で使用されるアイテムです。主な目的は、競技中に歯や口腔内を守ることにありますが、噛み合わせが安定することで強いパワーを生めます。さらに、上下の歯がしっかりと噛み合うため頭部が固定されて体の重心が取りやすくなるなど、スポーツ時のパフォーマンスを向上させることが期待できるのです。

マウスガードは比較的安価な値段で市販されていますが、すぐに外れたり発音しにくかったりと、使い勝手が悪いというデメリットがあります。一方、歯科医院で作製されるマウスガードは、患者さんのお口の中を型採りし、歯科技工士が製作するため、装着感が優れ、発音もしやすいと評判です。赤羽歯科「川口診療所」では、みなさんのスポーツにおけるパフォーマンス向上をサポートするため、患者さん一人一人に合ったマウスガードを製作します。ぜひご相談ください。