お知らせ

矯正治療について

2021.4.12

目次

川口の歯科医院「医療法人社団歯友会 赤羽歯科 川口診療所」の歯科衛生士の平間・酒井です。

皆さんは歯の矯正についてどのくらい知っていますか?
歯の矯正は見た目が良くなるだけでなく、ほかに様々なメリットがあります。
今回は歯の矯正治療についてお話します。

歯の矯正とは

歯の矯正とは、歯並びや噛み合わせをより良くする歯科治療です。

不正咬合⇒上下のかみ合わせがあっておらず、歯並びが良くない場合のこと

正常咬合⇒良い歯並びで、良い噛み合わせの事

不正咬合による心身への影響

●食べ物が歯と歯の間に挟まり、歯みがきしにくく虫歯や歯周病になりやすい。

●食べものをよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。

●上あごと下あごを繋ぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。

●噛むための筋肉の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて、姿勢も悪くなる。
また、視力低下の原因になると言われています。

不正咬合の種類

1.上顎前突(出っ歯
上あごと下あごの成長の差、指しゃぶり・口で息をする癖・舌で前歯を押すようなくせなどが原因でおこると言われています。

2.下顎前突
上あごと下あごの成長の差、前歯が生え変わる時の不正や、遺伝的要素などが原因と言われています。

3.叢生 そうせい (不揃い、八重歯)
歯が顎に比べて大きすぎたり、乳歯の奥歯の虫歯がひどいことなどが原因で、永久歯の交換がうまくいかない時におこると言われています。

当院での矯正治療の流れ

1.初診相談
問診や視察をしながら診察します。
矯正を始める場合には、精密検査に移ります。

2.精密検査・診断
治療計画に必要な資料をとります。
{歯の写真、顔の写真、歯のレントゲン写真、頭部のレントゲン写真、歯列の模型など}

診断(治療計画の説明)
具体的な期間、費用など

3,治療開始
矯正治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。

動的治療とは・・・歯の表面にブラケット(マルチブラケット法)装着し、歯を動かす治療です。
そのブラケットには細いワイヤーが横に通してあり、細い金属の線または輪ゴムで結びます。

静的治療とは・・・歯が正しい位置に並んだ後に、矯正装置(ブラケット)を外し、
悪い歯の位置へ「あともどり」しないように、保定装置(歯並びが戻りにくくする為の装置でリテーナーといいます)を使用して頂きます。

※矯正治療をスタートするにあたり、必要上歯を抜く場合があります

 

治療内容

①治療計画に従い、ブラケットや拡大床など様々な矯正装置を使って歯を動かし、段階的に治療を始めます。基本的には1か月に一度治療に来てもらいます。

②上下の歯が計画通りに動いて、次第に正常な噛み合わせになると、最終段階で仕上げ治療をします。

③動的治療が完了すると矯正装置を外し、静的治療(保定)に入ります。

※動的治療は個人差がありますが、約1年半~2年くらいの期間です。

④動かした歯を支えて保護するために保定装置(取り外し出来る可撤式リテーナー、または固定式リテーナー)を使います。その期間は通常1年半~2年くらいです。子どもの場合は成長が終了するまで必要になることもあります。また、検診に3~4カ月に一度来ていただきます。

⑤動かされた歯が完全に保定されると、静的治療も終了です。その後は定期健診として、年に1~2回通院して頂きます。

最後に

矯正は子供から大人まで受けられる治療ですが、一人一人のお口の中の状態が違うように、治療時期や使う装置、治療期間などは人によって大きく違います。赤羽歯科川口診療所では月2回矯正専門医が矯正治療を行っています。治療期間、費用等不明な点がある場合はお気軽に担当医にご相談ください。

 

医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 川口診療所