お知らせ

入れ歯のお手入れについて

2021.9.11

目次

こんにちは。川口の歯科医院「医療法人社団 歯友会 赤羽歯科川口診療所」歯科医師の仲里です。

今回は入れ歯のお手入れについてお話していきたいと思います。

皆さんはどのようにして入れ歯のお手入れをしていますか?入れ歯を洗浄せずに汚れたままの状態で使用していると、口臭の原因となってしまったり、残っている歯にも大きな悪影響を与えてしまいます。

その為、今回は正しい入れ歯の保存方法や洗浄方法などをご紹介していきたいと思います。

入れ歯を誤った方法で手入れしてしまうと?

入れ歯の手入れを誤った方法で行ってしまう方が見られますが、どのような影響があるのでしょうか?

1・口臭が発生しやすくなる。

2・カビの一種であるカンジダによる感染や口内炎の原因になります。

3・入れ歯に着色や歯石が付きやすくなります。歯石はついてしまうと落とすこ事がすごく大変です。

4・部分入れ歯の場合、金属がかかっている歯は虫歯になりやすくなり、歯周病の原因にもなります。

5・入れ歯に付着したプラークなどから、誤嚥性肺炎等の呼吸器感染症の原因にもなります。

入れ歯を綺麗に『手入れすること・清潔に保つこと』でお口の健康だけでなく全身の健康のためにも大変重要です。

 

正しい入れ歯のお手入れ

部分入れ歯も総入れ歯も、必ず外してからお掃除しましょう。毎食後のお手入れに加えて、寝る前に一日一回は入れ歯洗浄剤を使用してお手入れしましょう。

1・毎食後のお手入れ

食後は基本的に外して流水化でお掃除しましょう。落としてしまうと破折したりする恐れがある為、水の入っている洗面器などの上でお掃除するようにしてください。ゴシゴシと力を入れすぎないように注意しましょう。力が強すぎると入れ歯に傷がついてしまう恐れがある為、適度な力で磨くことがのぞましいです。また、義歯ブラシを使う事をおススメします。

2・入れ歯洗浄剤を使う

入れ歯洗浄剤を水に溶かしたものに、一定の時間付けおきしましょう。お湯につけることはやめてください。

部分入れ歯の場合は金属部分がさびてしまう可能性があるので、担当医に相談してください。

 

 

寝ている間の入れ歯は?

寝ている間は唾液の量が減少する為、汚れが溜まりやすく細菌が繁殖しやすくなります。その為、寝ている間に入れ歯を入れていると、入れ歯に細菌が付着しやすくなる為、寝ている間は入れ歯を外しておくといいでしょう。

また、寝ている間に入れ歯を外してあげ、歯茎を休ませることも大切です。

 

 

入れ歯のお手入れについてのご相談がある方は当院のスタッフにお気軽にお申し付けください。