お知らせ

抗生物質で歯が変色するの?テトラサイクリン歯って聞いたことありますか?

2021.6.07

目次

医療法人社団歯友会 赤羽歯科 川口診療所の歯科医師 仲里です。

突然ですが、みなさん自分の歯の色が気になったことはありますか?

歯の変色は歯科医院でのクリーニングでとれるものととれないものがあります。

歯科医院でのクリーニングでとれない変色の代表的なものの一つにテトラサイクリン歯というものがあります。

上の写真がテトラサイクリン歯です。

テトラサイクリンとは1970年代に多く服用された抗生物質で、この抗生物質を歯が形成されている期間に服用した人は、生えてきた永久歯が黄色、褐色、灰色を帯びています。

この他にも歯の変色の原因となるものはたくさんあります。

ということで、今回は歯の変色や着色について説明していきたいと思います。

歯の表面の変色

健康的な永久歯は個体差はありますが、一般的に黄色味がかった白色をしています。

乳歯は永久歯より少し明るいのが特徴です。

歯の表面の着色は一般的に、食べ物、コーヒー、お茶、タバコ等の嗜好品、細菌などの色素が原因となりますが、歯の表面の着色の多くは、歯科医院でのクリーニングで取り除くことができます。

クリーニングで取り除くことが難しい場合は、ホワイトニング等による歯の漂白を行うこともあります。

 

歯の内部の着色

歯の内部の着色の原因で代表的なものには、先ほど説明したテトラサイクリン系抗菌薬があります。

その他に、フッ化物の過剰摂取は歯の表面に白い斑点をつくります。

全身的な疾患が原因の変色では、代謝異常を引き起こす先天性ポルフィリン尿症では赤く、胎児や新生児の溶血性疾患である胎児性赤芽球症では緑色になることがあります。

その他、むし歯などが原因で、歯の神経が死んでいる歯は、暗い色に変色していくことがあります。

また、個人差はありますが、加齢でも徐々に歯が変色していきます。

これらの歯の内部の変色はクリーニングによる研磨では取り除くことができません。

そのため、歯の内部の変色が気になる場合は、漂白やセラミック等で修復します。

 

 

まとめ

歯の表面の変色は歯科医院でのクリーニングにより取り除くことができるので、歯科医院での定期的なクリーニングをおすすめします。

歯の内部の変色はクリーニングでは取り除くことができないため、歯の漂白やホワイトニング、セラミックによる修復を行います。

歯の変色や着色について気になる方は、担当医までお気軽にご相談下さい!